国文科からのお知らせ

校外学習、「文学・文化歴史踏査」終了

2017年07月02日

「文学・文化歴史踏査」の授業では、3回に分けて実地見学に行きます。セット受講となっている「文学・文化と風土」の授業での学びを基に、関連する場所を訪れて授業での学びをリアルな状態で追認することが目的です。

 今年度の歴史踏査はは、江戸から東京へというテーマで、次のような場所をめぐりました。庶民の生活の様子を考えながら、文学で扱われるテーマの意味を考える授業でした。

   5/28(日)深川江戸資料館、昭和館
   6/4(日)篠原まるよし風鈴、不忍池弁天堂
   6/18(日)神田明神、湯島聖堂、夏目漱石旧居跡、森鷗外歴史館