編入進学した先輩の声

東京家政大学 家政学部 栄養学科 栄養学専攻へ編入

短大食物栄養専攻で学んだ知識をさらに深めたいと思い編入しました。現在は充実した学生生活を送っています。特に、食を介した栄養教育に興味があるので、将来は、学んだ知識を生かして多くの人の役に立てるようになりたいと思っています。

相模女子大学 栄養科学部 管理栄養学科へ編入

短大での2年間は、とても内容の濃いものでした。楽しかったこと、大変だったこと、色々なことを通して自分自身が成長しました。特に給食管理実習と校外実習は思い出深い授業で、大変貴重な経験でした。今の大学に進学を決めたのは、将来、病院の栄養士になりたいからです。管理栄養士の国家試験対策がしっかりしていて、臨床分野に力を入れている大学だったからです。短大で学んだことを、さらに深めた内容で学び、充実した日々を過ごしています。

和洋女子大学 家政学部 生活環境学科へ編入

食の知識を活かす家庭科の教員になりたくて、編入を決意しました。編入試験に合格する条件の一つは、自分の目標意識が明確であることです。私の場合は、編入への熱意が伝わり、難関を突破できたのだと思います。

女子栄養大学 栄養学部 食文化栄養学科へ編入

私は短大の2年間で、食についての幅広い知識と栄養士としての実践力を身につけることが出来ました。編入先を決めた理由は、食栄の授業を通して興味を持った食文化について、女子栄養大学の食文化栄養学科で詳しく学べる事を知り、大学でもっとたくさんの知識を取り入れたいと思ったからです。大学では、発展途上国の食の現状、それぞれの国の宗教や文化から生まれる食文化の違いなどを学ぶことができ、充実しています。

聖徳大学 人文学部 生活文化学科 管理栄養士専攻へ編入

短大で学んだ知識に加え、深く専門的な知識を身につける為に、管理栄養士専攻に編入しました。編入後、多くの知識を身につける中で研究職に興味を持つようになりました。大学院は、再び大妻で学ぶことを選びました。大学院修士を修了し、現在、他大学の教員として勤める今も、大妻の研究室に所属し、博士号取得に向けた勉強をしています。将来は、大妻の先生方のような頼りになる存在になれるよう頑張りたいと思います。

東京農業大学 生物産業学部 食品科学科へ編入

実験・実習を通して、食品に興味を持つようになり、「食品開発がしたい」と思うようになりました。編入後は、現在は捨てられている食材を有効に使う新しい食品・技術などを研究したいと思います。

昭和女子大学 生活科学部 生活学科 食物健康学専攻に編入

短大での学びを通して、食品成分や栄養指導、食を取り巻いている生活にとても興味を持ちました。また、自分が学んでいるうちに、教えたいという気持ちが強くなり、教職の取れる大学に編入しようと思うようになりました。編入後は、教職科目の講義を受けたり先生の研究室に伺ったりと、より深く学ぶことができ、毎日充実した日々を送っています。

大妻女子大学 家政学部 食物学科 食物学専攻へ編入

短大での授業はとても興味深く楽しいものでした。もっとじっくり深く各教科内容を学び、将来は子ども達への栄養教育に携わりたいと思ったので、教職課程を設けている本学食物学専攻に編入しました。現在は自分の目標に向かって勉強することに喜びを感じる毎日です。

大妻女子大学 家政学部 児童学科 児童教育専攻へ編入

短大の食栄で栄養士になるために勉強してきましたが、興味のあることを勉強できたこの二年間はとても充実していたので、もっと勉強したいと思うようになり、編入しました。編入後は児童教育を専攻し、小学校教諭を目指して頑張ります。