国文学会

概要

◇国文科には、「国文学会」という学会があります。国文科の学生、卒業生、教員が会員となり、毎年6月には総会と記念講演会を実施しています。記念講演会では、文学、芸術や社会の第一線で活躍する人物をお招きし、専門分野の講演が行われます。講演会後は、講師の方との親睦を深める懇親会も開かれます。
このほか、夏と冬に定例で研究発表会を開催しています。研究発表会では、大妻女子大学の大学院生、教員などが、日頃の研究成果を発表し、活発な議論を行っています。

機関誌

◇1970年創刊の国文学会機関誌『大妻国文』は、教員の研究成果を発信しています。今後、『大妻国文』は、大妻女子大学学術情報リポジトリを通して、第1号から発信される予定です。

古典芸能へのいざない

◇また、古典文学や日本文化と出会い、親しむ機会として、歌舞伎や文楽の鑑賞教室(千代田校舎近隣の国立劇場にて)の案内・申し込みも行っています。鑑賞教室は、普段、敷居が高く感じられがちな古典芸能の舞台を解説がつくことで、初心者でも堪能することができ、学生のみなさんに好評を得ています。