学びのポイント

大妻の国文科の特色の一つは、学び方に自分の希望が反映できるところです。
皆が同じ内容を学習するのではなく、日本語・古典文学・近代文学のそれぞれについて重点的に深く学ぶことが出来ます。
その延長線上に、「卒業論文」があります。
「私は卒論を通して大発見をした!それは勉強は楽しい、ということだった。ひとつのことを調べると、また新しいことが分かり……の繰り返しがとても楽しかった。もっと早くこの大発見をしていればと思ったけれど、二〇歳で見つけることができただけ良かった」と言う先輩に続きませんか?